アフィリエイト商品の選び方とは

  • 2021年8月1日
  • 2021年8月1日
  • 雑記
アフィリエイト商品の選び方とは

先日、メインブログ(ユニコブログ®)にてアフィリエイト広告の選び方について詳しく解説した記事をアップしました。

僕は、自分と同じようにブログだけでも生活できる環境を手に入れることが出来るように、ブログサポートを無償で行っています。

再現性を高めつつ、同時進行で一緒にブログを育てていくことが出来るのは、大体20人くらいが限界なんだなと思いつつも、1~2年掛かりでブログだけの生活に向けて、一緒にブログサポートをしつつ、サイトを育てています。

アフィリエイト商品の選び方に関する質問は共通して多い

アフィリエイト商品の選び方に関する質問は共通して多い

アフィリエイト商品の選び方については、当然のことですが共通した質問事項として多いです。

けれど、この商品がおすすめとか、これが高単価だからとかという話しは一切していません。

ブログ記事に自然と入ったアフィリエイト商品が1番成果が上がる

定量的な総合データがご容赦なのですが、現在ブログサポートをしている方は、ブログ開設当初は、基本的にセールスライティングは身に付いていません。

当然と言えば当然なのですが、後に「特化ブログで●●に特化したブログを作る」という明確な目標がない限りは、セールライティングについての学びは本人に任せています。

日記ブログとかで売り込まれたら変な感じ

というのも、例えば日記ブログなのに「この商品がいいんですよ!!」って知らない誰かにましてや、実名も出しているか分からない人に薦められてもあんまり買う事ってないですよね…。

(正確にはクリックまで何とか出来れば良いので、ついついクリックはあるのですが..。)

なので、最初はとにかくブログを書く習慣を身に付けることを1番の目標にして、アフィリエイト商品を選ぶのは後にしてもらっています。

アフィリエイト商品を配置する場所を増やすこと

アフィリエイト商品を選ぶにしても、日記系のブログ記事が10記事くらいでアフィリエイト商品を選んで入れていくのはかなり無理があります。

なので、まずはコンテンツを積み上げつつ、ブログ記事を書く習慣が出来てきて、文章を書くことに慣れてきてからアフィリエイト商品を一緒に選んでいきます。

アフィリエイト商品の選び方

アフィリエイト商品の選び方

アフィリエイト商品の選び方はとてもシンプルです。

選ぶときには大事な要素が3つあります。

1.アフィリエイト広告の承認率

2.アフィリエイト広告がITPに対応しているか?

3.アフィリエイト広告の送客先Webサイト

アフィリエイト広告の選び方をわかりやすく解説|ユニコブログ®

これらの要素を優先で考慮しつつ、ブログ記事の中に盛り込んでいきます。

ブログ記事の中に自然とアフィリエイト広告があったとしても、先ほど引用した3つの要素が芳しくないときはアフィリエイト広告は付けません。

アフィリエイト商品を選び始めると、初期段階でかなりサイト設計を意識しない限り、まずサイト全体がアフィリケーションサイトになります。

全体がアフィリケーションサイトになっていることの是非は、SEO的にはカテゴリーによって差が大きくあるのですが、なるべくブログ記事の中で、3つの条件が良い場合だけに選ぶようにして、アフィリエイト広告がある記事は抑えるようにしています。

アフィリエイト商品を選ぶときに比較記事の場合はなるべく多く選ぶ

先ほど、アフィリエイト商品を選ぶコツで大事な3要素を話しましたが、例外もあります。

それは、比較記事、おすすめ、ランキングに関する記事を書く場合です。

この場合は、読者が何を選んでも自分の広告収益となるように、3つの要素に欠けがあってもなるべくは入れていきます。

(承認率が20~30%でITPも非対応な場合は諦めます。)

ただ、アフィリエイトにはセルフバックがあるので、記事を書く前にセルフバックで試したい所ですが、あまりにも条件が厳しいモノがあるのも事実です。

この辺りについては、自分がたくさん文章が書ける事についての分野が、結果的にアフィリエイト商品の広告としてあまり良い条件ではない場合もあります。

そんな時は、扱うASPを増やしてみて、少しでも3つの条件を満たしているか確認してみたりしています。

アフィリエイト商品の成果単価は少しでも多い方が良いのか?

この回答については、僕の場合はNoです。

本当なら、なるべく同一ASP内で取り扱いアフィリエイト広告はまとめたいほうです。

毎月の収益金額が多くなると、担当の方が付いてくれたりして貴重なクローズド案件やアドバイスをもらえたりをしてもらえるからです。

また、

● ASPのA社では1,000円/1件

●ASPのB社では1,500円/1件

のような事があっても今は容易に変えない方が良い場合もあります。

特に、ITPについては、そのアフィリエイト広告が十歳にどのバージョンまで対応しているのか公開されていることは少ないですし、承認率に違いがあったりもします。

おなじアフィリエイト商品で成果単価が違う場合には、公開されている様々な数字を比較してよおく塾講する必要があります。

アフィリエイト商品の成果を上げるコツ

アフィリエイト商品の成果を上げるコツ

アフィリエイト商品を選んで、成果を上げるコツは他にも色々あります。

一部のジャンルやカテゴリーよっては少し工夫が必要になりますが、アフィリエイト商品を効果的に広告主へ送客するコツは色々とあります。

扱うジャンルや、ブログサイトの作り方でも変わってきたりもするのですが、いくつかの覚えておくべき数字もあったりします。

そのあたりは下記の記事でも紹介しているので、そちらが参考になれば幸いです。

● アフィリエイトで稼げない時に収益を改善できるおすすめの方法をわかりやすく解説

ユニコブログ® – 【編集後記】を読んでいただきありがとうございました。

それでは^ ^