アフィリエイトでおすすめのやり方をまとめてみました

  • 2021年1月12日
  • 2021年4月25日
  • 雑記
LBLOGのアイキャッチ画像

アフィリエイトでオススメのやり方を纏めてみました。

自分のメディアでアフィリエイトの運用を始めたのは昨年が初めてですが、3ヶ月間で50万/月までもっていけたので、そこそこ早いほうかなと思っています。

また、自分のやり方が再現性があるものなのかを検証すべく、収益特化型のアフィリエイトサイトを4つ立ち上げました。

どのように各ブログ記事を構成しているのかは、下記の記事に纏めてあります。

● アフィリエイトで稼げない時に収益を改善できるおすすめの方法をわかりやすく解説

 上の記事が参考になれば幸いです。

収益を出すためのブログ記事はとてもシンプル

アフィリエイト広告で収益を出していく場合は、Googleアドセンスとはちょっと違うアプローチが必要です。

Googleアドセンスの場合は、つらつらとひたすらブログ記事にコンテンツを埋め込んでいきながら、自動広告にしておけばPVのごり押しで収益を上げていくことが可能です。

しかし、アフィリエイト広告の場合は、「商品を購入してもらう」などの、成果地点をクリアしないと報酬としてもらえることができません。

なので、ブログ記事内で商品やサービスの購入動機になるポイントをコンテンツに盛り込みつつ、広告に興味を持ってもらえるように文章で導線を作り上げて行かなければいけません。

アフィリエイトの広告は3種類ある

アフィリエイト広告の種類は3種類あります。

  1. テキストリンク(アンカーテキスト)
  2. ボタンリンク
  3. バナーリンク

僕の場合は主にテキストリンク(アンカーテキスト)で文章にある商品名やサービス名にアフィリエイトリンクを埋め込んで紹介しています。

ボタンリンクはそれほど使用していません。

というのは、あまり使い慣れていないだけなので、ちゃんと

  1. 商品やサービスの画像
  2. 内容詳細
  3. ボタンリンク

の構成で組んでいけば、それだけで実績は出てきます。

ただ、全てのジャンルでその方式が一番よいのか謎な部分もあるので、別サイトではボタンリンク主体の記事も盛り込んでいます。

まだほとんど成果になっていないので何とも言えないのですが

就職、転職系の広告案件は、ボタンリンクにした方がクリック率が高いようです。

バナーリンクは、記事の一番最後に配置するか、商品やサービス紹介時の見出し下で利用しています。

見出し下画像は結構調達コストも掛かるので、バナーでほどよいのが提供されていると嬉しいです。

アフィリエイト記事はとてもシンプルにする

アフィリエイト広告中心の記事は、とてもシンプルな構造にします。

「キーワード」に関するコンテンツを組んだ後で、後半にアフィリエイトリンクを埋め込んでいくコンテンツ部分を組み込んでいきます。

例えば、転職のアフィリエイト広告を埋め込んでいる場合では、

キーワード : 「転職」、「職種」、「世代」

くらいまで分解して、それぞれのキーワードに関する情報を前半に入れて、次にキーワードに見合った転職のアフィリエイトリンク埋め込みをして行きながら、サービスの紹介をしていく形です。

また、検証の余地はありますが、文章を書く人のスタイルによっては、ブログ記事のリード文に「結論」という形で一番オススメの商品やサービスを1つだけ差し込むと、そのアフィリエイト広告の実績が多く上がります。

僕の場合は、マトリクスにしたら最初に「結論」を入れている物よりも、最後に見出しで結論を「まとめ」と言う形で記述している記事の方が、成果が大きいです。

アフィリエイトは売り込まない方が売れる

アフィリエイト記事を作成していくなら、売り込まない方が売れます。

というのは、昔と違って、今はユーザー自身がWebで能動的に情報を探しに来るので、そこで「これが絶対オススメ!!」と書いてもあまり響かないです。

響くにはもの凄い「権威性」「信頼性」が記事を書いた人やWebサイトに信頼性がないと響かないです。

なので、僕が今回まとめたアフィリエイトで稼げない時に収益を改善できるおすすめの方法をわかりやすく解説も、本記事の冒頭に書いたようにアフィリエイトを始めて数ヶ月の初心者で、月50万くらいの実績しかない人が書いても、「権威性」や「信頼性」は得られないというのが正直なところです。

けれど、僕の場合はアフィリエイターとして稼いでる金額は少なくても、「月50万円」はかなりの大金なので、そのやり方を共有することで役に立つことが出来ればいいな。くらいの気持ちでやっています。

また、現在検証で立ち上げているサイトでも実績が出れば、再現性も見えてくるので、もっと役に立つ情報になると考えています。

これらのモノは、サイト開設からのエビデンスを付けて上げれば信頼性は上がると思うので、すべて無料で公開できれば良いなと思っています。

サイトは高速表示がベスト

当たり前の事ではあるのですが、デザイン性にこだわってこのあたりの要素を最優先にしていないサイトは結構多いです。

2021年は、5月からコアウェブバイタルもランキング要因になるので、サイトのデザインや機能構成はシンプルにしていったほうが良い結果になることが多くなります。

※コーディングできる人はその限りではないのです。

自分でサイトの描画順番や、キャッシュ系のプラグインなどを使ってスタイルの描画プロセスなどのコントロールが出来ない場合は、極力余計な要素はそぎ落としていく方向を選択して行った方が良いです。

あとは、レンタルサーバーをベストなモノにして環境でごり押しするというのもありですね。

最近のレンタルサーバーは、めっちゃ早いので。

● レンタルサーバー徹底比較!WordPressおすすめサーバー10選

有料テーマはすぐに導入した方が良い

アフィリエイトで稼いでいくなら、有料テーマは必須です。

というのは、ブログ記事を効率良く書いていかないと、アフィリエイトで稼ぐことは難しいので、いかにして執筆タイムに移れるかが肝になります。

僕の場合は、すぐにコンテンツ作りに入りたい人なので、現在では利用するWordPressテーマによって設定やデザインを決めてしまっています。

複数サイトを運営するときに、かなり効率的にコンテンツを積み上げていけるようにしているので、かなりの高速PDCAを行っています。

● WordPressおすすめブログテーマ10選!有料版と無料版を比較

まとめ : アフィリエイトで収益を上げるモデルを構築していく

せっかく手を付けたビジネスなので、引き続きアフィリエイトで収益化できるサイト構成やブログ記事構成はいろいろ検証してみます。

僕の場合は、以前と違ってあまり細かいエビデンスで証明しつつやり方を推奨していくスタイルではなくなってしまいましたが、それでも実行してみて効果がでれば幸いです。