ブログ名は商標登録しておいた方が良い感じ【商標権は重要】

  • 2020年12月27日
  • 2021年2月2日
  • 雑記
L-BLOGのアイキャッチ画像

こんにちは^ ^

ユニコブログを運営しているレオナです。

L blogはユニコブログよりも好きなことを書いている感じです。

今回は「商標登録」についてです。

諸々のブログやYouTubeチャンネル、開発したWebサービスなど含めて、1年近くかかってやっと一気に登録査定の段階に入れました。

商標登録って何?

商標登録は、もの凄くざっくり言うと

  1. 独占的にその商標を使用できる権利
  2. それを半永久的に利用できる権利
  3. 商標権を主張して、同じ商標を使わせない権利

を得られる感じです。

独占的にその商標を使用できる権利

実際の商標登録では、役務といって、同じ商標名でも役務は細かく分類されているので用途ごとの商標登録が可能なのですが、指定の役務で商標権が取得できれば、その役務内での商標の独占的使用権を得ることが出来ます。

②半永久的に利用できる権利

商標権は更新が出来るので、都度更新料を払えば商標の権利を維持することが出来ます。

10年ごとに更新することが出来ます。

①商標権を主張して、同じ商標を使わせない権利

これは強いですよね。

同じ分野で同じ名前があった場合に、その商品名やサービスを使わないで!って言えますからね。

逆に自分が提供しているメディアや商品、サービスで商標を取られるとやっかいですね…。

名称を変えるか商標権をライセンスしてもらうか権利の移転をしてもらわないといけないので。これはきつい。

ブログがある程度成長していて、収益化もそこそこ出来ているなら「商標登録」しておくことをおすすめします。

自分のブログ名がすでに商標登録されてしまっているかは、

IPDLで調べることで確認できます。

ブログ周りで結構調べていたのですが、中々興味深かったです。

Link→特許情報プラットフォーム

で検索してみましょう。

  1. 特許情報プラットフォームへいく
  2. 簡易検索で商標を選んでキーワードを入力する
  3. 検索結果を確認する

の3ステップで確認可能です。

役務って何?

役務とは、ざっくり言うとその商標を用いて提供するサービスの種類を指します。

すごいたくさんのカテゴリーがあるのですが、自分が提供する役務を限定して選んで申請するだけなのでそれほど難しくありません。

弁理士のや弁護士の先生に任せれば、最適な役務を指定して申請をしてくれるのであまり深く考えなくてもというところです。

例えばブログ名で商標を登録する場合は、

  1. 第35類|広告、事業、卸売
  2. 第41類|教育、娯楽、スポーツ、文化
  3. 第42類|調査、分析、設計、開発

などが必要な商標になります。

商標の区分は1つ収録するのに結構な費用(何万円)もかかります。

なので、取得はしつつも極力費用を抑えたいのであれば

収益化しない=35類はいらない

みたいな感じなのですが、最終的にはWebサイト(ブログサイト)で提供する内容によって取得した方が良いものは変わるので、要確認です。

役務は何を取得しておけば良いの?

メインで運用しているユニコブログもそうなのですが、取り急ぎは35類と41類で取得できていればひとまずはOKな感じです。

商標は取得しておいた方がいいかも…。

僕はドラマや映画を含むコンテンツ制作業界にいたので、権利関係についての色々なトラブルを垣間見てきました。

結構エグい内容もたくさんあるのですが、1つ言えるのは

「商標を取得した者/会社が勝つ」

ということです。それまでの自分だけが持つ歴史とか関係ありません。

そんな自体に陥らないためにも、収益化が出来そうな時点で商標登録はしておいたほうが良い感じです。

特に、ブログ名を変えるのはSEOにも大きな影響がありますからね。

商標はどうやって取得したらよいのか?

商標登録は自分で行う事もできますが、審査で拒絶理由通知などが来た場合にけっこう手間が掛かるので、自分でやる手間と時間を考えると最初から弁理士や弁護士の先生にお願いしてしまった方が、お得です。

商標登録に掛かる費用は、数万円〜数十万円と、取得するための手段やお願いする先生によって大きく費用が変わるので、Webでいろいろ調べてみましょう。

僕のばあいは、法務や知的財産権全般は顧問弁護士の先生方にお願いしています。

商標登録を済ませて安心を掴む

自分が提供している発信メディアの商標登録が出来れば、ひとまずは安心です。

突然名前を変えろ!!って事が無いですからね。

Webサイトが収益化できてきたら、商標登録を済ませて安心を買いましょう。

それでは^ ^

\本書きました^ ^/